社長メニュー
復興支援策
公益法人認定の準備は万全ですか?
経営改善計画
FX4クラウド
K 継続MASシステム
F 戦略財務情報システムFX2
S 税理士法第33条の2による書面添付
名古屋税理士会所属

税務コラム

消費税率10%への引上げに伴う賃貸借・請負契約等の注意点

 2019年10月1日から、消費税率が8%から10%へ引上げられます。賃貸借、リース、請負契約などで一定の契約については、10月1日以降の引き渡し等であっても、8%の税率が適用される経過措置があります。
 ○店舗や工場などの賃貸借やリース契約(資産の譲渡によるものを除く)は、2019年3月31日までに契約し、9月30日までに貸付けが開始されれば、10月1日以降も8%の税率が適用されます。
 ○請負契約の工事代金は、原則として引渡し時の消費税率が適用されますが、3月31日までの契約であれば、10月1日以降の引渡しであっても、8%の税率が適用されます。

年末調整事務はここに注意~配偶者控除等申告書の様式変更~

 配偶者控除及び配偶者特別控除等の大幅な見直しによって、今年の年末調整では、次の3点に注意が必要です。
 ①従来の「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」が、「保険料控除申告書」と配偶者控除等申告書」の2枚に分かれました。
 ②配偶者控除又は配偶者特別控除のいずれかの適用を受けるには、「配偶者控除等申告書」の提出が必要です。配偶者控除を受ける場合、昨年までは提出が不要だったため、提出もれに注意しましょう。
 ③新様式の「配偶者控除等申告書」には、給与所得者本人とその配偶者の本年中の「所得の見積額」と、「所得の区分判定」を記載します。

以上の記事について詳細を知りたい東桜税理士法人のお客様の方には
事務所通信を送らせていただきます。

バックナンバー

事務所通信要約版

法人税

所得税

相続税・消費税

 ■ 相続税

 ■ 消費税

簿記(社福・公益)